読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空

数日前に所用あって夜道を歩いていたんだけど、そのときふと上を見上げたら雲ひとつない空に満天の星空だった。

北極星に北斗七星、カシオペア座にオリオン座。 その昔にはよく星図版と望遠鏡を持って夜空を眺めていたもんだけど、いつのころからか気がついたら星空を見上げることもなくなっていて、ひさしぶりに星空を見たんだなということに改めて気がついた。


昔の人は星空を見上げて、天を覆うフタ、天蓋と呼んだわけだけど、そうやって見上げていると、そうやって覆われた中に星空があるようにも見えて、昔の人がそう考えたのも分かる話だなと思いながらふらふらと歩いていた。