読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セカンドハウス

毎月1,2万ほど本を買ってるとそれなりの勢いで本がたまっていくわけで、いままでは一部屋空いていたのでそこに段ボールにいれたり、本棚おいたりして蓄積していたんだけど、妹が実家に帰ってくるのでその部屋を明け渡せと言われてしまいました。


処分することも考えたんだけど、本って他のものと違って物凄く捨てにくいんですよね。 もちろん今までにも何度にも渡って数千冊の本を古本に売ってると思うけど、そうやってなんどもの選別を経て残ってきたのが今ある本なわけで、どんどん捨てにくい本ばかりが残ってくる。


その捨てにくい本ばかりであふれ買っているところに、部屋を一つ明け渡せと言われたわけで、もう実家ではどうしようもないという事でそういう本をおくための部屋を借りることにして、ネットで探しまわって見つけたのが4畳半、風呂トイレ台所共同で月額1万、自宅から歩いて15分というところ。 さすがにボロいアパートなんだけど家賃とか場所とかこれ以上ないほど最高の条件。 e-mobileの電波も入りにくいので、ネットに繋げないのが唯一の問題点。


多少の問題点はあれど、条件的には最高なので14日の午前に現地見に行って、そのまま契約して、昼から掃除して、夕方には本だなと段ボール数箱運び込むという勢いで、15日には昼過ぎからそっちで本を読んでた。 あとはちゃぶ台とものおく棚みたいなのが欲しいなというところ。


本置き場にだけ使うのはもったいないので、今後いろいろと環境を整えていきたい。