読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SPACE BATTLESHIP ヤマトを見てきた

普段TVドラマとかはまったく見ないので、木村拓也の劇をまともにみるのは初めてだということに見てるとき気がついた。

木村拓也の演劇をまとも見るのは初めてなんだけど、木村拓也の演じるキャラクターの類型という印象はあって、シナリオ的にわざとそうなってる部分もあるんだろうけど、やっぱりこれも木村拓也の演じる古代になってた。

これは「木村拓也出演の映画」を見に来た人にとってはプラスだろうし、「ヤマトの実写版」を見に来た人にとってはマイナスになる部分ではないかと思う。 自分は後者。

でも考えてみれば、アニメ版の古代と同じような性格のまま、実写版をやっても、主人公として映えないのもたしかかも知れない。 そうなるとやっぱり実写化するにあたって木村拓也のような性格付をするのはそれはそれで正解なぁとも思ったり。


ヤマトでは戦闘シーンなどけっこう多くの部分でCGが使われている。

人物とCGシーンの合成では微妙に違和感があるけど、完全にCGでやってる戦闘シーンなんかは結構良くできてて、一連の戦闘シーンなんかは見る価値があったと思う。

ただこれを言っちゃおしまいなんだけど、宇宙での物理現象を無視した描写が多くて、気にしたらだめだとは分かってるんだけど、実写なだけに気になって仕方なかった。 これがアニメとかならご都合主義的表現は気にならないんだけどな。


そんなこんなでなんだかんだ思いながら見てて、戦闘シーンとか、木村拓也の演じる古代の葛藤と成長とか、そこそこ良かったかなと思ったんだけど、地球が見えて、そこからのお涙頂戴的メロドラで一気に白けてしまった。

実写版なりの恋愛要素を考えると必要なシーンなのかも知れないが、地球を救うというヤマトの目的と達成を薄めてしまう蛇足なシーンとしか言いようがない。 これがなければもうちょっと個人的評価はたかくしたんだけどな。


結論的には見てよかったというほどでもなく、見て損したというほどでもなく、blogネタにしたり、話題のネタにしたりしてまぁよかったかなという程度。