読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅サーバの更新

結局1年越しで自宅サーバのアップデートを行なった。

FreeBSD 6.4-RELEASE #0: Wed Nov 26 11:43:51 UTC 2008
    root@dessler.cse.buffalo.edu:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC
Timecounter "i8254" frequency 1193182 Hz quality 0
CPU: Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 2.53GHz (2545.58-MHz 686-class CPU)
  Origin = "GenuineIntel"  Id = 0xf27  Stepping = 7
  Features=0xbfebfbff
  Features2=0x400
real memory  = 1073676288 (1023 MB)
avail memory = 1037479936 (989 MB)

こんなマシンから

FreeBSD 8.2-STABLE #1: Wed Apr 13 09:44:54 JST 2011
    root@sun.ikeno.mine.nu:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC amd64
Timecounter "i8254" frequency 1193182 Hz quality 0
CPU: Intel(R) Pentium(R) D  CPU 2.66GHz (2679.56-MHz K8-class CPU)
  Origin = "GenuineIntel"  Id = 0xf47  Family = f  Model = 4  Stepping = 7
  Features=0xbfebfbff
  Features2=0x651d
  AMD Features=0x20100800
  AMD Features2=0x1
  TSC: P-state invariant
real memory  = 2147483648 (2048 MB)
avail memory = 2053066752 (1957 MB)
ACPI APIC Table: 
FreeBSD/SMP: Multiprocessor System Detected: 2 CPUs
FreeBSD/SMP: 1 package(s) x 2 core(s)

こうなった。

省電力?なにそれ?

容量は

Filesystem            Size    Used   Avail Capacity  Mounted on
/dev/mirror/gm0s1a    1.9G    779M    1.0G    43%    /
devfs                 1.0K    1.0K      0B   100%    /dev
/dev/mirror/gm0s1g    387G    179G    177G    50%    /home
/dev/mirror/gm0s1f    4.8G     46K    4.5G     0%    /tmp
/dev/mirror/gm0s1e     48G    6.3G     38G    14%    /usr
/dev/mirror/gm0s1d    4.8G    146M    4.3G     3%    /var
tank                  3.4T    211G    3.1T     6%    /tank
tank/pub              5.1T    2.0T    3.1T    39%    /usr/pub
devfs                 1.0K    1.0K      0B   100%    /var/named/dev

こんな感じ。

zfsboot にしたかったんだけど、マザーボードが古いために AFT の HDD で zfsboot ができなかったので、結局起動ドライブは 500G の HDD で gmirror にした。

そして 2T のドライブ4つで raidz で 5.1T の領域を作って映像ファイルとかのファイル置場を作っている感じ。

ユーザ関係のファイルといくつかのプログラム関係の設定ファイルは移行したけど、プログラム自体は全部作り直し。

一通りはインストールも設定も終って、問題なく動いてると思うけど、うちのサーバを使っている人で気がついたこととかあれば御連絡下さい。