読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Your BIOS is broken

CentOS6 を ML110G7 で使用しているが、再起動すると以下のようなクラッシュレポートが送られてくる。

Subject: [abrt] full crash report
From: user@localhost.morris.co.jp
To: root@localhost.hoge.com
Date: Thu, 1 Dec 2013 23:39:16 +0900
User-Agent: Heirloom mailx 12.4 7/29/08

abrt_version:   2.0.8
cmdline:        ro root=UUID=3a04fa7f-8c6d-4e66-a67e-2a6d70bcb42c rd_NO_LUKS rd_MD_UUID=6cfa1910:d5a59445:aebe8fd6:cef49dc3 rd_MD_UUID=cac6ab0c:89bfb1c7:b8c8d55d:778ebbcf crashkernel=129M@0M  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 LANG=ja_JP.UTF-8 rd_NO_LVM rd_NO_DM rhgb quiet
kernel:         2.6.32-358.23.2.el6.x86_64
not-reportable: Your BIOS is broken
(略

「Your BIOS broken」とかいわれるので結構びびるんだが、Intel CPU で VT-d が有効になっていると発生する。


対処方法としては、

(1) BIOS で VT-d を無効にする

(2) /boot/grub/grub.conf の kernel オプションに intel_ iommu=off を追加する

のいずれかで警告を発生しないようにすることができる。