読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒー

なんか勢いでコーヒーの生豆かっちゃった。

ローストした豆が100g 500円ほどで、生豆が1Kgで1300円。 ちょっと悩んだんだけど、この値段ならローストしたほうが安いし、生豆のロースしてコーヒー入れるのはやってみたかったので生豆を購入。 ちなみにモカ。


でも生豆ローストするといってもろくに方法知らないので、ネットでごそごそ検索。 http://www.teru-coffee.com/r/hand.htmlをみると悪い豆を取り除くってことなので、2時間ほどかかって豆のより分け。 より分け中のが一番上の写真。 どの程度までいいのかどんなのがダメなのか、有る程度判断できるとはいえ、本当にそれでいいのかどうかわからないままに豆をはじいていたら、結局360gもダメな豆に分類されてしまった。 2時間も時間かけてこれだけ無駄になるなら、最初からローストしたやつを買ったほうがいいんじゃないかと思う。 こうやって生豆をローストしてコーヒーを入れるというのは完全に趣味ということを悟った。w

そんなことを思いながら豆をより分けて、次はロースト。 ぎんなんを炒る鍋が合ったなということで、それで10分ちょいローストしたのが次の写真。 これはさっきのまめのよりわけで炒らない豆を練習用に炒ってみたもので、不ぞろいということもあって、ちょっとムラができてる。 


まぁこの練習がうまくいったので、気をよくして使うほうの豆をローストしてドリップしてみた。 本当ならローストしてから2,3日置いたほうが味がよくなるらしいけどね。




電動ミルでまだあったかい豆ひいて、ネルを使ってドリップ。 ペーパードリップじゃなくてネルドリップのほうが絶対に味がいいと思うので、普段から自分はネルドリップしてる。





最後にウォーカーのクッキーと一緒にコーヒータイム。  ウォーカーのクッキーは大好きだ。 で、写ってるマグカップは自分が幼稚園に入る前に買ってもらって、そこからずーっと使ってるやつ。


自分が始めて生豆から焙煎したコーヒーの味は色はかなり濃いんだけど、渋みも酸味もまったく無い、でもちゃんとコーヒーの味とコクはあるという、ものすごい飲み安いものができた。 あんまりにもすっきりした味で、なんか物足りないような気がしないでもなく、自分は飲みやすくておいしいと思ったんだけど、世間一般的においしいコーヒーといっていいのかどうかよくわかない。  とりあえず自分がはじめて飲む味のコーヒーであることは確かだ。

この焙煎というのも結構手間ひまかかる話なんだけど、初めてやった感想としては面白かったし、しばらくは時間があれば豆炒って遊んでみようと思う。


ダメではじいた400gちかい豆はどーしたもんだろう…