読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社とかでAppleの開発者チームにメンバーを追加する方法

画像とか全部キャプチャしたんだけど、加工するのが面倒くさくなったので文章だけ。


Developerのページを開く https://developer.apple.com/ その会社の管理用の Apple Developer Account でログインする。

右上の方に「Member Center」がるのでクリック


Member Centerの上にある「People」をクリック

「Invitations」をクリックして


「Invite Person」をクリック、



「First Name」、「Last Name」、「Email Address」とアクセスの種類を選択すして、「Send Invitation」をクリック


そしたら招待されて人にメールが届くので、本文中にあるinvitation code をクリック

すでに Apple Developer Account を持っている人はSignin、なければ Register、今回は Registerから。
よく言われているように、Apple Developer Account の名前などに日本語が混じっていると、実機用にビルドしたときにエラーが出てコンパイルできなくなるので注意


AppleIDを持っているかどうかの確認、今回はAppleIDから作成する


個人情報の入力、いずれも日本語は入力しないように注意


開発分野とか対象市場とかの選択

開発者ライセンスへの同意

で、またメールで verification code が送られてくるので、それを入力

ようやく AppleID の作成が完了

で、もう一度 invitation コードの入力、最初のメールの invitation コードをクリックしていたら自動的に入っていると思う。


これで開発者として登録完了、「Go Started」をクリックしてDeveloperPortalへ移動

そして「iOS Dev Center」へ移動して

iOS Provisioning Portalへ移動

左メニューのCertificates」をクリック

「Request Certificate」で証明書を作成

Macのキーチェインアクセスを起動して、メニューバーの「キーチェインアクセス」から「証明書アシスタント」−「認証局に証明書を要求」をクリック、表示される「証明書アシスタント」で「メールアドレス」、「通称」を入力、「CAのメールアドレス」はなしで、「ディスクに保存」をクリック、保存場所は適当に保存する。
すると証明書ができるので、それを選択

そしたら証明書が登録される


もう一度管理者でログインし直して、Provisioning Portal にアクセスする
https://developer.apple.com/ios/manage/overview/index.action


管理者の方で「Certificates」を見ると、先ほど作成したユーザの証明書が表示されているので、チェックをつけて、「Approve Selected」をクリック、これでユーザの証明書が認証される。

次は「Provisioning」をクリックして、「New Profile」をクリック

「Profile Name」を入力して、「Certificates」で先ほど追加したユーザの名前が有るのでそれにチェックをつけて、「AppleID」、「Devices」を選択して「Submit」する。

すると新しいプロファイルができる。

新しく作ったユーザで「Certificates」を見ると、プロファイルがダウンロードできるようになっているので、ダウンロードして、キーチェインに追加する。

キーチェインアクセスの「ファイル」から「読み込む」をクリックしてダウンロードした証明書を選択するとキーチェインに証明書が追加される。

Provisioningから管理者で作成したプロファイルをダウンロードする。これをXcodeのオーガナイザーなどに追加すると開発したアプリが実機で実行できるようになる。