読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google Adwords

Google で検索すると、検索結果の画面の右の方にスポンサーというのが出る。 これが検索連動広告というもので、 Google の重な収入源となっている。 検索連動広告をはじめたのも Google が最初じゃないだろうか?

Google はこの検索連動広告を Google Adwords というサービスで提供している。


で、やってみた。


もともと自分のサイトはあるジャンルの検索ワードで、200万ページ中常にトップに表示されるし、ページビューは 600/day ほどあるし、そのジャンルではそこそこの知名度を得てるのではないかと思う。

なので言ってしまえば改めて Google Adwords に広告する意味はないんだけど、ただたんに思いつきと興味。

開始する方法は結構簡単で、Google Adwordsのページから画面の説明にしたがって記入し、クレジットカードがあれば、30分もすればスポンサーのところに自分の広告が出せるようになる。

この広告は、広告を表示させたい検索ワードをいくつでも入力して、その検索ワード毎に1クリック当り幾らという形で自分が決める。 そして支払う料金によって検索ワードで表示される順位が決まる様子。 自分で設定できる1クリック辺りの最低値は1円からなんだけど、1円では非表示にされてしまう。 表示できるようにするには、検索ワード毎に決められている最低入札価格を上回る必要がある。

この最低入札価格は、検索結果の多さを反映してるのかと思ったんだけど、それとは関係ない様子。 もしかしたら検索回数の多さかも知れない。 この辺は良くわからないんだけど、最低入札価格は自分の見たところでは6円が最低で、その次11円、22円という形になっていた。

クリックされればされるほどお金をgoogleに支払う必要があるんだけど、1日に支払う上限が決められて、その上限+20%まで広告がクリックされると表示されなくなる。 また広告の掲載期間も設定できるので、予算の目安がたてやすい。

ちなみに広告の掲載から約1日で、2つのキーワードあわせて500回ほど表示されて、5回のクリックがあった。 まぁ検索キーワードの設定とか、広告の内容とかろくに考えずにやっているので、Google Adwords を使った効果としては最低の効果しかでてないと思うけど、こんなもんらしい。

ちょっと勉強になった。